前へ
次へ

季節性のインフルエンザとは

インフルエンザを防ぐためには、インフルエンザへの理解を深めておくことがとても大切です。
正しい知識と予防法を身につけて、この冬を乗り切ってみませんか。
そもそもインフルエンザとは何でしょうか。
それはウイルスに感染して起こる感染症の一種です。
このウイルスには A型、 B型 、C型の3種類がありますが、人に感染するのは A型と B 型のみです。
このウイルスは極めて小さくて、ざっくりとしたところですが100ナノミクロンくらいのサイズです。
ナノとは百万分の一と言う、途方もなく小さなミクロの世界です。
人間の体に感染する A型、 B型のウイルスは、その季節によって、流行の大きさが異なってきます。
日本では例年12月から3月にかけての冬場に、このウイルスが活発になります。
例年このウイルスに感染する人たちの数は、推定ですが約1000万人とされています。
冬場に流行するものは季節性のインフルエンザだと称されています。

Page Top